インプラントとは?

インプラント治療とは、顎の骨にチタン製のインプラント(人工的な歯の根)を埋め込み、そこに人工の歯を装着して咬み合わせを回復させる治療法です。

インプラントは顎の骨としっかり結合する、入れ歯に比べて見た目だけでなく咬み合わせなどの機能面でも優れています。ずれたり違和感を覚えたりといった心配もありませんし、味覚を阻害したり、ほかの歯に負担をかけたりすることもありません。「しっかり咬みたい」「おいしく食事をとりたい」といった方には、インプラント治療がおすすめです。

ヒロコデンタルクリニックがこだわるインプラント

当院では、安全でスピーディー、かつ安価なインプラント治療を目指しています。

その一環として、インプラテロウス社の「スイスプラスインプラント」というインプラントシステムを採用いたしました。「スイスプラスインプラント」は表面がザラザラとした形状になっており、この特殊な加工がインプラントと顎の骨の結合をより促進します。治療期間が3~6ヶ月と比較的短く済みますので、それに伴い治療費も安くすみます。

また手術は、東京歯科大学口腔外科のインプラント専門医が行います。確かな技術を備えた医師ですので、どうぞご安心してお任せください。

入れ歯やブリッジとの比較

歯を失った場合、それを補う方法は「インプラント」「入れ歯」「ブリッジ」の3種類に大別されます。それぞれにメリットとデメリットがありますので、お口の状態とご要望に合わせてご検討ください。

  特徴 メリット デメリット
インプラント
失った歯それぞれに対してインプラントを埋め込み、人工の歯を固定する
  • 自然な咬み心地
  • 自分の歯に近い色や形にでき、見た目がいい
  • 隣合わせの歯を削らないですむ
  • 治療期間が長い
  • 手術が必要となる
  • 治療費が比較的高い
入れ歯
失った歯の本数に合わせて作った人工歯のセットを、器具などで固定する
  • 安くすむ
  • 治療期間が短い
  • 取り外してのお手入れが大変
  • 装着時に違和感を覚えやすい
  • 固い物が食べにくくなる
  • 部分入れ歯は支えている歯に負担がかかる
ブリッジ
歯が隣り合って数本失われた場合に利用。両脇の健康な歯を支柱にし、人工歯を被せる
  • 固定式なので違和感が少ない
  • 本来の咬み心地に近い
  • インプラントより安価
  • 健康な歯を削らなくてはならない
  • 支える歯に負担がかかる
  • 自分で磨けない箇所ができ、むし歯予防に手間がかかる

ページの先頭へ戻る

インプラント治療の流れ

ステップ1 カウンセリングと検査

健康状態の問診、お口の状態の検査、レントゲン撮影や歯型の採取などを行います。その後、治療についてご説明、ご相談をいたします。この段階でむし歯や歯周病があるとインプラント治療を行えませんので、先にそれらを治療してからインプラント治療に入ることになります。

ステップ2 術前診断

カウンセリングの内容をふまえ、治療計画をご提案します。ご要望やご質問がございましたら、どんなことでもお気軽にご相談ください。CTレントゲン撮影と診断を行います。

ステップ3 手術

いよいよ手術を行います。ここからは、さらに細かいステップに分けてご説明いたします。

ステップ3-1 インプラントの埋め込み

まずはインプラントの埋め込み手術。局部麻酔をかけ、専用の器具で顎の骨に穴をあけます。そこにインプラントの土台を埋め込み、歯茎を縫合して完了です。手術時間はだいたい30~60分が目安です。

ステップ3-2 術後ケア

手術自体は日帰りですが、翌日にもう一度ご来院いただき、必ず消毒を行います。1週間後には抜糸を行い、インプラントが骨にしっかりと結合するまで12~24週間待ちます。この期間は仮歯となります。

ステップ3-3 人工歯を装着する準備

インプラントの土台が完全に結合したのを確認したら、土台と人工歯をドッキングさせるためのパーツ(アバットメント)を装着します。咬み合わせや歯の状態を綿密にチェックし、最終的な人工歯を作るための型を取ります。人工歯は歯並びや色などを考慮して作製します。

ステップ3-4 人工歯の装着

完成した人工歯を装着し、インプラント治療は完了となります。ただしメンテナンスが非常に重要になってくるので、ぜひ定期検診の受診をお願いいたします。

インプラントはメンテナンスが命!

通常の歯の周囲が「歯周病」になるのと同じように、インプラントの周囲も「インプラント周囲炎」という炎症になることがあります。せっかく埋め込んだインプラントも、歯茎や骨がひどく傷めば抜けてしまいます。インプラント治療を無駄にしないためにも、3ヶ月に一度はメンテナンスを受けて、お口を健康で快適な状態にお保ちください。

ページの先頭へ戻る