健康な歯は土台から

ヒロコデンタルクリニックでは、歯の「土台」を重視して診療を行っています。

当院でいう「土台」とは、歯茎や歯の根、治療して残った「もともとの歯」のこと。これら土台を大切にすることが、何よりも重要だと考えています。

土台を大切にしながら治療を

むし歯などを治療する場合、歯を削ってそこに詰め物や被せ物をします。この際、当院ではなるべく歯を削りすぎず、「もともとの歯」、すなわち土台を極力残すように心がけています。生まれもった歯はかけがえのない財産であるという考えからです。

たとえば歯の神経にまで到達してしまった重度のむし歯や、歯の根の病気などは、「根管治療」という方法で治療します。これは細長い器具で歯質や神経を除去するというもので、高い技術を要求する難しい治療法と言われています。当院では、一般の歯科医院では抜歯を検討されてしまうほどの重度のむし歯でも、可能な状態であればなるべく根管治療を行い、歯を残せるよう努力いたします。

土台を健康に保つために

土台をキレイに治療したあとは、メンテナンスが大切になってきます。なぜなら、詰め物の土台となる歯が傷んでしまったら、詰め物が外れてしまうかもしれないからです。歯茎や歯の根が歯周病で溶けてしまったら、歯そのものが抜けてしまう可能性もあります。それでは、せっかく治療した意味がありません。

ですから、治療した歯の土台をどのようにケアし、その後の歯のトラブルをいかにして予防するか、ということがとても重要なのです。いつまでも白くて健康な歯でいていただくため、また、長い目で見たときの治療費を節約するため、一度の治療で安心せずに土台のメンテナンスを続けていただきたいと思います。

定期検診で健康な歯を!

スタッフ一同

土台を健康に保つ一番のポイントは、行き届いたメンテナンスです。当院は予防歯科に力を入れており、歯科衛生士が患者様のお口の中を適切にケアいたします。健康状態をチェックするほか、徹底的なクリーニングも行い、ご自宅のお手入れでは行き届かないお口のすみずみまでピカピカにいたします。

また、衛生士は患者様ごとの担当制で、いつでも同じ衛生士がお口の中をチェックしますので、万が一お口の中に異変が発生した場合にも素早く気づけます。ぜひ当院の定期検診で、お口の健康管理をしていただければと思います。

詳しくは「予防歯科」のページもご覧ください。

予防歯科について詳しくはこちら

ページの先頭へ戻る